医院紹介

1階 受付・診察室・薬局・MRI室・駐車場(計8台)

2階 病室(総室と個室)・手術室・検査室

3階 リハビリ室(100㎡)・レントゲン室・CT室・病室(個室)

4階 医局・図書室

about1

 

診療設備

ヘリカルCT

動く臓器・出血・骨折等を撮影する機器です。
about2

 

MRI(磁気共鳴イメージング装置)

静止臓器(神経・骨・血管等)を鮮明に映し出す機器で、脳腫瘍・脳梗塞や椎間板ヘルニア・骨腫瘍等の診断に有用です。
about3

 

関節鏡

光ファイバーを使った小さなカメラを膝の中へ入れて画面を見ながら、主に関節の中を手術する機器です。従来に比べ、手術で傷をつける部分が少なく、入院期間の短縮やリハビリで痛い思いをする必要が少ないのが特徴です。

about5
about6
about4

 

骨密度測定装置

骨量を測定する装置です。測定対象骨は、腰椎、大腿骨頸部、前腕骨並びに全身骨です。測定の精度が高く、測定時間が短く放射線の量もわずかです。骨粗鬆症の診断や経過観察、治療効果の評価に広く用いられています。

about7

 

X線透視検査機器

X線透視検査とは、X線を利用して透視や撮影を行う検査です。X線透視することにより、動いている臓器の様子や、造影剤の流れ具合などを観察したり出来ます。

about8
about9

 

手術室

about10