特定健診・特定保健指導

事業の目的及び運営の方針

平成20年4月より「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」に着目した「特定健診」・「特定保健指導」が実施されています。内臓脂肪型肥満に基づく糖尿病、高脂血症、高血圧を生活習慣の改善により予防すると、心筋梗塞・狭心症・脳梗塞・腎不全などの重い病気の発症や重症化の予防が目的とされています。

 

特定健診

日本人の死亡原因の約6割を占める生活習慣病の予防のために、40歳から74歳までの方を対象に、メタボリックシンドロームに着目した健診を行います。

 

特定保健指導(動機付け支援のみ)

特定健診の結果から、生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が多く期待できる方に対して、専門スタッフ(保健師、管理栄養士など)が生活習慣を見直すサポートをします。

 

従業員の職種、員数及び職務の内容

医師1名
看護師1名
管理栄養士1名

tokutei

 

特定健康診査の実施日及び実施時間

*事前予約が必要となりますので、直接お電話にてお問い合わせください。

(13:30~の実施)

 

特定健康診査の内容及び価格、その他の費用

実施内容

・基本的な健診の項目
質問項目、身体計測(身長、体重、BMI、腹囲(内臓脂肪面積))、理学的検査(身体診察)、血圧測定、血液化学検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)、肝機能検査(AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GT(γ-GTP))、血糖検査(空腹時血糖又はHbA1c検査)、尿検査(尿糖、尿蛋白)

・詳細な健診の項目
心電図検査、眼底検査、貧血検査

 

健診料

国民健康保険(大阪市)…無料

後期高齢者医療…無料

社会保険…保険者により、自己負担額が異なります

 

事業の実施地域

大阪市

 

緊急時における対応

救急時における応急処置体制 有

 

その他運営に関する重要事項

特定保健指導の実施… 動機付け支援のみ